花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森を彷徨う麗人のように

アズマレイジンソウ
今年もアズマレイジンソウが咲きました。
いつもの年より1週間ほど遅いでしょうか、
湧き水の流れる沢沿いに点々と咲いています。
アズマレイジンソウ
同じ仲間のトリカブトと同じように
花の形を伶人(雅楽奏者)がかぶる冠に見たてて名付けられました。

でも、森を吹き抜ける風にユラユラとそよぐ姿は、
森を彷徨う麗人のような怪しい美しさを感じます。

アズマレイジンソウ
アズマレイジンソウは本州の中部以北に分布するキンポウゲ科の多年草で、
山地や里山のやや湿った場所に生育しています。

長く伸びた茎先に総状花序を出し、下から順に咲いて行きます。
淡い青紫色から赤紫色の花は長さが2~3cmで、
下部が開いた筒状花で細い距が立ち上がっています。

アズマレイジンソウ
レイジンソウが関東以西に分布するのに対し、
関東地方で多く見られるのでアズマレイジンソウになりました。

茎や花茎にある毛の様子が違い、レイジンソウは毛が立っているのに
アズマレイジンソウは毛が曲がった屈毛になっています。

アズマレイジンソウ
茎は直立しますが、
長く伸びると花の重さに耐えられなくなって、
曲がったり垂れ下がってしまう場合もあるようです。

アズマレイジンソウ
[科名] キンポウゲ科 トリカブト属 多年草 
[和名] 東伶人草   [別名] 
[学名] Aconitum pterocaule Koidz.    
[花期] 8~10月 [草丈] 80~160cm
関連記事

 【ア】 夏・赤花 秋・赤花

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。