花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高野山で使われた箒

ナガバノコウヤボウキ
昨年、ナガバノコウヤボウキの綿毛を見た尾根に行ってみました。
確かこの辺にあったと探しましたが、
夏草が茂っていて一向に見つかりません。
ナガバノコウヤボウキ
記憶違いだったかとあきらめかけた頃、
ツツジの隙間から白い花がチラリ!。
あら~、ツツジの葉に隠れて咲いていましたよ。

ナガバノコウヤボウキ
ナガハノコウヤボウキは、
本州の宮城県以南・四国・九州に分布するキク科の落葉低木です。
枝が枯れず、2年目も枝に葉や花が咲きますので低木と分類されます。

先が尖った楕円形の葉の中央から
十数個の白い筒状花が集まった花を咲かせます。
 
ナガバノコウヤボウキ
「コウヤボウキ」の名前は、高野山で枝を束ねて箒にしたことから名付けられました。

コウヤボウキとナガバノコウヤボウキは共に
1年目の葉は先の尖った丸葉で、2年目の葉は先の尖った楕円形をしています。
コウヤボウキが1年目の丸い葉の時に枝先に花を咲かせるのに対し、
2年目の長い葉の時に花が咲くので「ナガバノコウヤボウキ」と呼ばれたそうです。

ちなみにコウヤボウキは関東以西なので宮城県にはないそうです。

ナガバノコウヤボウキ
[科名] キク科 コウヤボウキ属 落葉小低木
[和名] 長葉の高野箒 [別名]
[学名] Pertya glabrescens
[花期] 8~9月 [草丈] 50~100cm  
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。