花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森に浮かぶレンゲの花

レンゲショウマ
毎年お盆の頃になると開花を楽しみにしている花があります。
ハスの花を伏せたようなレンゲショウマの花です。
レンゲショウマ
昨年見つけた自生地は標高が高い場所でした。
山道をアブにまとわりつかれながら登ります。

「たしか、この辺りでは?」
夏草の茂る斜面を見渡すと、
森の中に浮かんだような白い花がありました。

レンゲショウマ
今年は開花が遅いのでしょうか、
まだツボミが多くて開いた花は少しだけ、
それでも20本ほどの花を見ることが出来ました。

レンゲショウマ
レンゲショウマは日本固有の一属一種の花、
本州中北部、東北から近畿にかけて分布するキンポウゲ科の多年草です。
太平洋側の深山で湿り気のある林内に育ちます。

北限は岩手県の北上山地で、
宮城県では準絶滅危惧種に指定されています。
 
レンゲショウマ
草丈は80~100cm、長く伸びた細い茎の上部に丸いツボミをつけ、
直径4~6cmの赤みを帯びた薄紫色の花を下向きに咲かせます。 

レンゲショウマ
開いた花びらのように見えるのはガク片で、
花びらはシベを包むようにあり、2段になった花に見えます。
気品を感じさせてくれる花ですね。

レンゲショウマ
花が蓮華(ハス)に似て、葉がサラシナショウマに似ている事から名付けられました。
花のない時期でも特徴のある葉で見分けることができます。

レンゲショウマ
花期は8月中旬から9月はじめまで、
一つの花は数日で落ちてしまいますが、
次々と花が開くので花期は長いようです。

レンゲショウマ
[科名]キンポウゲ科 レンゲショウマ属 多年草
[和名]蓮華升麻   [別名]
[学名]Anemonopsis macrophylla
[花期]8~9月  [草丈]60~100cm
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。