花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤いミズタマソウ?

タニタデ
奥胎内ヒュッテに戻る途中
赤い小さな花を見つけました。
太白山で見たミズタマソウに良く似ています。
タニタデ
ミズタマソウの赤花でしょうか?
帰ってから調べたら同じ仲間のタニタデと判明
タデの名前がついてますが、
タデ科ではなくアカバナ科の花です。

タニタデ
タニタデは、北海道・本州・四国・九州に分布するアカバナ科の多年草、
山地の林内や林縁、谷間など湿った場所に生育しています。

白~淡赤色の小さな花は、
花弁・ガク片・オシベがそれぞれ2つあり、メシベが1つ。

花の後方にできる卵形の実はカギ状の毛が密集していて
そばを通る動物に引っかかって種を運びます。
「ひっつき虫」の仲間ですね。
  
タニタデ
谷間の湿った場所に育ち、
茎を長く伸ばした上部に花をつける咲き方が
タデに似ているので「タニタデ」と名付けられました。

タニタデ
[科名]アカバナ科 ミズタマソウ属 多年草
[和名]谷 蓼  [別名]
[学名]Circaea erubescens  
[花期]8~9月 [草丈]20~50cm 
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。