花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クモキリソウ

クモキリソウ
今日はクモキリソウを探しに山を歩きました。
一つ目の里山は、すでに枯れていました。
次の山も色が変わって花が落ちる寸前、
すこし奥の山に入ってやっと見頃の花を見つけました~♪
今年の梅雨は蒸し暑いですね。
クモキリソウも「参った~!」といった感じで
咲くとスグに色が変わってしまったようです。
もっと早く、6月下旬が見頃だったようですね。

クモキリソウ
クモキリソウは、
北海道・本州・四国・九州に分布するラン科の多年草で、
里山かた亜高山帯まで、山地の林内に生育しています。

クモキリソウ
縁が少し縮れた楕円形の2枚葉が特徴で、
根元から対生する葉の中心かた花茎を伸ばしています。
花は、1cmほどの淡緑色、
虫が飛んでいるような形の不思議な花ですね。

クモキリソウ
クモキリソウの名前は、よくわからないそうです。
雲を切るとは、どんな意味で名付けられたのでしょう
花が蜘蛛の形に似ているので蜘蛛切草と呼ぶ説もあります。

クモキリソウ
[科名]ラン科 クモキリソウ属 多年草
[和名]雲切草  [別名]
[学名]Liparis kumokiri F.Maek.
[花期]6~7月 [草丈]15~30cm
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。