花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キヌガサソウ

キヌガサソウ
神室山に咲いていた花を紹介しましたが、
やはりキヌガサソウの写真をもう一度見て下さいね。
キヌガサソウ
キヌガサソウは本州の中部以北に分布するユリ科の多年草で、
亜高山帯の湿った林内や林縁に生育しています。
おもに日本海側の雪の多いところに咲いていて、時に大群生をつくります。

キヌガサソウ
輪生する葉の中心から飛び出たように一輪の花を咲かせます。
直径10cmほどになる大きな花は良く目立ち、
気品を感じさせる印象的な花です。

キヌガサソウ
白い花ビラのように見えるのはガク片で、
花びらは細い棒状で目立ちません。
ツクバネソウやエンレイソウと同じように、
花びらの数は葉と同じ数になる場合が多いそうです。
 
キヌガサソウ
キヌガサソウの名前は、
白く大きな花を高貴な人にさしかける衣笠に見たてたそうです。
このキヌガサの陰で休むのは、どんな虫さんでしょう?
 
キヌガサソウ
[科名]ユリ科 ツクバネソウ属 多年草
[和名]衣笠草  [別名]   
[学名]Paris japonica
[花期]6~8月 [草丈]30~80cm
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。