花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キヌガサソウを見に、

駐車場
昨日は山形・秋田県境の神室山に登りました。
お目当てはキヌガサソウの群生です。
昨年登山口に着いた途端に土砂降りの雨、
一時間待ったけど降り止まず、泣く泣く帰った神室山です。
今年こそは貴人の衣笠を見たいと、楽しみにしていました。
一つ目の吊り橋
曇り時々雨の天気予報に夕方から雨になりそうなので、
午前中に山頂に立ちたいと思い朝6時に出発です。秋田県側の役内登山口から
沢コースを登りパノラマコースを周回する予定です。
林道を歩いて行くと第1吊り橋がありました。
意外に揺れる吊り橋ですね。
濡れているので滑らないように慎重に渡ります。

倒れた木
第1渡渉点を過ぎると道幅の狭い登山道になります。
沢コースは西ノ又川沿いの斜面を歩く緩やかな登り道、
あまり標高をあげずに山奥に入って行きます。

倒れても存在感のある桂の倒木がありました。
倒れていない生きた幹があって、まだ葉を茂らせています。
あまりの大きくて全体はカメラに収まりません。

第2吊り橋
第2吊り橋です。
少し慣れたのでスイスイと渡ります。
こちらも良く揺れる~(笑)

深い森の中は湿度120%でしょうか、
蒸し暑くて流れ落ちる汗が止まりません。
でも虫が少ないし、ブナ林の澄んだ空気は不快指数0%?
 
沢の斜面をトラバース
谷の斜面をトラバースする道が続きます。
道幅が狭く草が茂っているので見えませんが、
谷側はかなりの急斜面、滑落注意です。

三十三尋の滝
歩き始めて1時間40分ほどで三十三尋の滝に到着しました。
豪快と言うより涼しげで綺麗な滝でした。
登山道は滝の上部を渡渉します。(第3渡渉点)
ココは吊り橋がありませんので飛び石で渡りました。

見上げると青空
渡った所でザックを降ろして休憩にしました。
沢風を期待したけどそれほど吹いてくれません。
でも水の流れが涼しげです。

空が明るくなってきたので、
見上げたら雲の隙間から青空が覗いています。
このまま晴れてくれないでしょうか、
神様~お願い!!

不動明王
不動明王は沢を渡って少し登った所にありました。
テントも張れそうな木陰の広場です。
沢で休んだばかりなのにココでも休憩、
少し上部に冷たい湧き水もあり絶好の休憩ポイントですね。

胸突き八丁
不動明王からは、胸突き八丁の急な登りが始まります。
途中にロープ場や木の幹を掴んで登る場所もあり
登っても、登っても急な斜面は終わりません。
立ち止まって息を整えていると、汗がダラダラと噴き出します。

前神室山
胸突き八丁の上部で木の間から前神室山が見えました。
以前に神室山頂から眺めた時より稜線がキレイに見えて、ナカナカ素敵な山ですね。
麓から雲が上がってきて、雲行きが怪しくなってきました。

視界が開けました
約1時間の急登でした。
胸突き八丁を登り終えると視界が広がる草地に出ました。
うわ~、沢を上がる風が気持ちイイ~ッ!

御田ノ神
御田ノ神は草原の一角にあり、ニッコウキスゲが咲き初めていました。
休憩したかったけど、
雨が降り始めたのでキヌガサソウが見られる所まで急ぎましょう。

残雪の斜面
残雪の斜面を横断、
笹原の中に続く道を登って行くと・・・、

キヌガサソウ
うゎ~、咲いてる~♪
道に沿ってキヌガサソウが咲いていました。

昨年見た月山より花の数が多くて、
キヌガサソウの小径のようです。
ココまで汗して登った甲斐がありました~ (; _ ;)ウルウル

キヌガサソウ
咲いたばかりのような白い花が多く、見頃にドンピシャリ。
キヌガサソウはツクバネソウに似ていますが、
はるかに大きくて見応えのある花です。

白い花は次第に赤みを帯びて、実が脹らむ頃は淡い緑色に変化します。
花期が長いので7月中旬まで楽しめそうですよ。

ただ、登山道の刈り払いをした方が誤って左側の花を切ってしまったようで
20~30本の花が無残に横たわっておりました~(泣)

窓くぐり
キヌガサソウの群生から少し歩くと灌木の「窓くぐり」、
ココを抜ければ目の前にド・ド~ンと・・・

ガスッてました~
あら・ら~~、真っ白。
神室山の稜線が見えるはずでしたがガスで何も見えません。

これでは神室連峰の眺めは期待できないし、
雨が強くなって来たので今日はココで戻りましょう。
キヌガサソウが見られたので大満足。
山頂はオマケのつもりでいましたから、次回のお楽しみにしたいと思います。

なんと、下山路で嬉しい出逢いが!!
昨年探したけど見つけられなかった、あの花に出逢いました。
沢コースを戻って良かった~♪

神室山の花は、明日に続きま~す。m(~o~)/
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。