花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タチイヌノフグリ

タチイヌノフグリ
庭に咲いていたタチイヌノフグリは、
昨日紹介したコメツブツメクサより小さな花です。
イヌノフグリに似た直径4mmの花で、
天気の良い昼頃に数時間しか咲かない花なんです。
タチイヌノフグリ
タチイヌノフグリは、ヨーロッパ原産のゴマノハグサ科の一年草で、
乾燥した荒れ地などに育つ帰化植物です。

オオイヌノフグリに似た青紫色の花を葉に隠れるように咲かせます。
イヌノフグリの仲間で、
茎が真っ直ぐに育つのでタチイヌノフグリと名付けられました。

タチイヌノフグリ
[科名]ゴマノハグサ科 クワガタソウ属 一年草(越年草)
[和名]立犬の陰嚢  [別名]   
[学名]Veronica arvensis
[花期]4~6月 [草丈] 10~30cm 
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。