花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハクサンイチゲ

ハクサンイチゲ
先日の不忘山はズームレンズを持たないで、
望遠マクロ1本で花を撮りました。
似たような写真ですが、
ハクサンイチゲを見て下さい。

ハクサンイチゲ
ハクサンイチゲは本州中部から東北にかけて、
亜高山帯~高山帯に分布するキンポウゲ科の多年草です。
湿った草原や岩場などに生育します。
雪の消えた雪渓跡に群生をつくる代表的な雪田植物です。

ハクサンイチゲ
白い花びらに見えるのはガク片で、キクザキイチゲなどと同じですね。
初めて見たとき、ニリンソウのような花をイメージしていたら、
茎が太くガッシリとしているいのに驚きました。
山の気候に絶えるように太くなったのでしょうか。
 
ハクサンイチゲ
イチリンソウに似て、白山で発見された花なので「白山一華」と名付けられたそうです。
北海道から東北北部には、変種のエゾハクサンイチゲが咲くそうです。

ハクサンイチゲ
後ろから見ると、葉が襟のように花を囲んでいるのが分かります。
ハクサンイチゲ

今年は花の数が少ないようでチョット寂しいハクサンイチゲでした。
最後はコンデジの28mmで、南屏風岳の残雪をバックに入れてみました。

ハクサンイチゲ
[科名]キンポウゲ科 イチリンソウ属 多年草
[和名]白山一華  [別名]   
[学名]Anemone narcissiflora
[花期]5~8月 [草丈] 10~40cm 
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。