花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝の光に

カラスムギ
良く見かける雑草ですが
朝の木漏れ日を背景に撮ってみると
ナカナカ素敵ではないですか~♪
カラスムギ
普段見ているのに名前が分かりません。
穂やシベの出方からイネ科の花のようです。
たぶんカラスムギではないかと・・・

カラスムギ
カラスムギはヨーロッパ、西アジア原産のイネ科の越年草で、
昔、イネなどと一緒に持ち込まれた帰化植物だそうです。

食料として利用されなかったので「カラス」の名前がつけられましたが、
秋に出来る種子は食べられるそうです。
カラスムギを穀物として改良栽培されたのが
オートミールの原料になるエンバクだそうです。

カラスムギ
[科名]イネ科 カラスムギ属 一年草(越年草)
[和名]烏 麦  [別名]チャヒキグサ   
[学名]Avena fatua
[花期]5~7月 [草丈]40~60cm 
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。