花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウラシマソウ

ウラシマソウ
10日ほど前、杉林の中にウラシマソウを見つけました。
夕方になっていたので、写真はどれもブレ・ブレで失敗!
今日は、撮り直しです。
ウラシマソウ
ウラシマソウは、北海道南部・本州・四国・九州に分布するサトイモ科の多年草で、
林内や林縁のやや湿った場所に生育しています。
育ち具合によって雄花になったり雌花に変わったり、性転換する植物です。

長い茎を伸ばした上に10~17枚の小葉を鳥足状に広げた葉を1枚形成し、
葉の下に濃紫色をした大型の仏炎苞をつけます。

ウラシマソウ

内部にある花序の先端から釣り糸のような付属体を長く伸ばします。
この花の姿が釣り糸を垂れる浦島太郎に似ていることから名付けられました。

ウラシマソウ
後ろ姿は、ホント釣り人のようですね~♪

ウラシマソウ
[科名]サトイモ科 テンナンショウ属 多年草
[和名]浦島草  [別名]   
[学名]Arisaema urashima
[花期]4~6月 [草丈] 30~50cm 
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。