花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラショウモンカズラ

ラショウモンカズラ
シソ科の花としては大きな花で、
切り落とされた鬼の腕に見たてた名前と聞くと
怖いような感じがします。
でも、紫色の花は花オジ好みなんです。
ラショウモンカズラ
ラショウモンカズラは、本州・四国・九州に分布するシソ科の多年草で
山地の明るいやや湿った林床に生育しています。
 
ラショウモンカズラ
鮮やかな青紫色の個性的な花で、
シソ科の中では大型の花ですね。

ラショウモンカズラ
名前の由来は、
京都の羅生門付近で渡辺綱に切り落とされた鬼女の腕に見たてたそうです。
どなたが考えたのでしょう、凡人には考えもつきませんね。
また、花後に枝を伸ばすツル性の植物なので「カズラ」の名がついたようです。

ラショウモンカズラ
[科名]シソ科 ラショウモンカズラ属 多年草
[和名]羅生門葛  [別名]   
[学名]Meehania urticifolia Makino
[花期]4~6月 [草丈] 15~30cm 
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。