花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キランソウ

キランソウ
ツクバキンモンソウの近くに同じ形の花が咲いていました。
濃い紫色の少し小さい花は、
『地獄の釜の蓋』の別名を持つキランソウです。
キランソウ

キランソウは、本州・四国・九州に分布するシソ科の多年草で、
山地の道端や人里の石垣など日当たりの良い場所に咲きます。
地表を這うように生育し、葉や茎は立ち上がりません。

シソ科の花に多く見られる唇状の花は、濃い紫色をしています。


キランソウ

名前の由来はよくわからないそうですが、
『キ』は紫色の古語で『ラン』は藍色の事だそうで、
花の色から名付けられたのではないかと言う説があります。

また、別名の『ジゴクノカマノフタ』も
春彼岸の地獄の釜が開く頃に
地面に蓋をするように咲く事から名付けられた説があるそうです。

キランソウ
[科名]シソ科 キランソウ属 多年草
[和名]金瘡小草  [別名]ジゴクノカマノフタ   
[学名]Ajuga decumbens Thunb
[花期]3~5月 [草丈] 約5cm 
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。