花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フデリンドウ

フデリンドウ

林道脇の林にフデリンドウが咲いていました。
林床にポツリポツリと咲いているのでわかりにくい。
ヤマブキの写真を撮るため車を止めたので見る事が出来ました。
フデリンドウ

林の中に差し込む春の陽光を良く浴びるためでしょうか、
上を向いて花を大きく開いています。

フデリンドウ

北海道・本州・四国・九州に分布するリンドウ科の2年草で、
山地の林床や日当たりの良い草原に生育しています。
花丈は5~10cm、青紫色の花を茎の上部に上向きに咲かせます。

フデリンドウ

漢字で「筆竜胆」と書きますが、
上を向いたツボミの形を筆の穂先に見たてて名付けられました。

フデリンドウ

春に咲くリンドウの仲間には「フデリンドウ」と「ハルリンドウ」があります。
いつも迷うので、違いを調べて見ました。

フデリンドウは、日当たりの良いやや乾いた所に咲き、
一本の花茎の上に複数の花を着けますが1カ所から複数の花茎は出しません。
また、幅広い卵形の葉をしていて根生葉が小さいか、ないのが特徴です。

ハルリンドウは、日当たりの良いやや湿った所に咲き、
一本の花茎に1つの花を着けますが1カ所から複数の花茎を出します。
また、細長い卵形の葉をしていて根生葉が大きいのが特徴です。

もう一つ春に咲く花に「コケリンドウ」があるそうですが、
花が小さいのですぐ分かるそうです。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。