花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トウゴクサバノオ

トウゴクサバノオ

早朝には花がしぼんでいて開花が遅れているの?
と思ったら、日が差し始めると花が開きはじめました。
キンポウゲ科の花達は、お寝坊さんですね~♪
トウゴクサバノオ

昨年見つけた時は見頃を過ぎていたので
今年咲くのを楽しみにしていました。
薄暗い杉林の中に咲いている小さな花は目立ちません。

トウゴクサバノオ

トウゴクサバノオは、本州・四国・九州に分布するキンポウゲ科の多年草で、
山地や里山の沢沿い、少し湿った林床や林縁に生育しています。
 
草丈は10~20cm、花の大きさは1cmほどの小さな花です。
少しクリーム色をした花びらのように見えるガク片と、
奥に隠れるようにある黄色い5枚の花ビラが特徴です。

トウゴクサバノオ

宮城県が北限と言われ、県の絶滅危惧種Ⅱ類に指定されています。

トウゴクサバノオ

漢字で『東国鯖ノ尾』と書きます。
東国は関東地方でよく見られる花だからで、
花後に出来る実の形が鯖のシッポのような形をしているので名付けられました。
花の可愛らしさに似合わない名前ですね。

トウゴクサバノオ
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。