花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月山・品倉尾根へ

月山・品倉尾根
今日は快晴の素晴らしい天気、
前回に続いての月山山スキーです。
品倉北尾根を滑ってきました~♪
月山・品倉尾根

滑るルートは、月山スキー場から柴灯森まで登り
西に派生する品倉尾根を湯殿山スキー場に下るロングコース。
湯殿山スキー場に帰りの車を置いて月山スキー場に向かいました。

今日の好天に沢山の登山者が月山や姥ヶ岳目指して登っています。
リフト降り場で見おぼえのある尻皮をした方が・・、声を掛けるとULTさんでした。
山頂に登る予定だったそうですが、ご一緒することになり5人で出発です。

月山・品倉尾根

金曜日に雪が降ったようで4月末にまさか新雪が山を包んでいます。
真っ白な月山に誘われるように、まず月山の山頂を目指しました。
しかし、新雪の着いたアイスバーンに手こずり鍛冶小屋手前の急斜面で戻りました。
柴灯森手前の窪地で休憩、軽く食事をして長い下りに備えます。
 
月山・品倉尾根

いよいよ柴灯森からの尾根下り、
最初の痩せ尾根部分はスキーを外してツボ足で下りました。
小さなアップダウンの続く尾根を慎重に滑ります。
 
月山

標高1619m地点に立つと、今まで見た事のない月山の西斜面や湯殿山が眺められました。
ここから品倉山に向かわず一本北側の尾根に進みます。

月山・品倉尾根

滑った斜面を振り返ると、けっこうな急斜面を滑っていたんですね。

月山・品倉尾根

無木立の斜面を快適に滑って行くと、
目の前に広大なオープンバーンが広がりました。
思わず『うゎ~!』と叫んでしまいます。
さあ、天然のゲレンデに思い思いのシュプールを描いて滑りましょう。

品倉尾根

滑り降りたところで大休憩、
スコップで雪のテーブルを作り昼食にしました。
私達以外に誰もいない広大なテラスで食べるオニギリが美味いな~!

品倉山

ここからは樹林帯を湯殿山スキー場に向かいます。
尾根から急な斜面をトラバース、沢を渡りスキー場トップへ、
T師匠の絶妙のコース取りで藪漕ぎもなく到着です。

品倉尾根

振り返ると滑ってきた尾根や品倉山が遠くに見えていました。
『あ~、あんなに遠くから滑ってきたんだ!』
疲れて痙攣しそうな太腿の感触と無事にスキー場まで滑ることが出来た達成感が
想い出に残る一日を締めくくってくれました。
関連記事

 月山 山スキー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。