花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

コチャルメルソウ
No image

スポンサーサイト

クサノオウ

道端にクサノオウが咲いていました。他の草より背が高くまとまって咲いていたので、黄色い花が良く目立ちます。...

レンゲ畑

アブクマトラノオを見た帰り道、休耕田に植えられたレンゲソウを見つけました。...

愛しのアブクマトラノオ

アブクマトラノオは、宮城県と福島県にまたがる阿武隈山地の太平洋側に咲く地域限定の花で,今年こそ、ぜひ見たいと思っていた花の1つでした。5月の開花を楽しみにしていたのに、大震災と原発事故で福島の山には行けません。今年もダメかとあきらめていたら宮城県内にも咲いている事がわかり、5月中旬に会いに行ってきました。...

ピンクのツクバネウツギ

先日、太白山で見つけたツクバネウツギです。濃いピンク色をしていて、かなり目立っていました。ガクも少し赤くなっています。...

ミドリニリンソウ

今年もミドリニリンソウを探しに行きました。昨年より2週間遅かったのでニリンソウも終盤、だいぶ丈が伸びて実をつけ始めていました。...

ヤマブキソウ

ヤマブキソウの名前は、バラ科のヤマブキ(樹木)に良く似た黄色い花なので名付けられました。咲いている時期や場所も良く似ているので、遠目には地面近くに垂れ下がったヤマブキのように見えたりします。...

チゴユリ

カタクリの後に里山を彩っていたチゴユリの花もそろそろ終わりを迎えようとしています。里山を歩くたびに撮り貯めた写真の中から、一番チゴユリらしい正面からのショットです。...

エゾエンゴサクの七変化

エゾエンゴサクは、白い花から濃い赤紫色の花まで多彩な色があります。この花は、花ビラの薄い青紫から赤紫の距まで色が変化していました。花の形も個性的ですが、様々な色の違いに魅せられた花でした。 ...

ブナの花

大倉山でブナの花を見つけました。沢山の花が鈴生りになっていて、今年の秋はブナの実も豊作かな~と、思ったら・・・、...

ホタルカズラ

ムラサキ科の花をもう一つ、宮城県ではナカナカ見られないホタルカズラ、県の準絶滅危惧種に指定されています。福島や山形の山では見ていたけど、宮城県内に自生する花を初めて見ました。...

タチカメバソウ

最近、ムラサキ科の花を良く見かけます。先日のルリソウと同じような花の形をしているので、ひと目でムラサキ科の花だとわかりますね。...

氾濫原の花達

氾濫原と桑沼で出逢った花達です。登山口から絶え間なく咲く花の多さに感激!雪融けを待って、春の花達が一斉に咲き始めたようですね。...

桑沼、そして氾濫原へ

先日の火曜日、久しぶりに氾濫原に行ってきました。お目当ては、ニリンソウの群生と新緑のブナ林です。まずは途中にある朝の桑沼を撮影して登山口になる縄文の森入口に向かいました。...

ルリソウ

山道を歩いていて、ルリソウを見つけました。「ワスレナグサかな?」と思ったけど、たぶんルリソウだと思います。なにしろムラサキ科の仲間は、花の形が良く似ているので見分けるのがムズカシイ!...

釣れますか~?

杉林の中で釣り糸を垂れるウラシマソウ、何が釣れるのかな~?...

キュウリグサ

キュウリグサは、道端や畑の縁に生える雑草です。ヒョロヒョロッと伸びた細い茎の上部にまばらに花を着けます。栄養状態が悪くて痩せこけて育ったような咲き方ですね。...

リンゴの花

亘理町から山元町へ、山沿いの道を走っているとリンゴの花が咲いていました。山元町は県内有数のリンゴ生産地で、山沿いの道はアップルラインと名付けられています。山元町では10種類以上のリンゴが栽培され、秋にはリンゴ狩りが楽しめるそうです。...

祐舜さん、今年も咲いたね。

里山でシュンランに続いて花を咲かせるユウシュンラン。『今年も咲いてくれましたね~♪』周辺の環境変化に極めて敏感な花なので、毎年咲いている姿を見つけると、ホッとして嬉しくなります。...

ヒゲネワチガイソウ

ヒゲネワチガイソウは、先週見つけた花です。昨年は4月末でしたから、今年は咲くのが遅かったのかな?見に行ったのが遅かっただけかもしれませんね。(笑)...

タチイヌノフグリ

公園の広場でタチイヌノフグリを見つけました。オオイヌノフグリを二回り以上小さくした花は、3~4mmぐらいの大きさでしょうか、ホントに小さくて目立たない花です。...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。